2017年 01月 22日

ナンドゥマサラ(渡り蟹のカレー)

e0345224_07364134.jpg
冬の味覚、カニのカレーです。

渡り蟹を丸々1杯使い、濃厚なカニの旨みを堪能できます。


食べるほどに、口の中に旨みが広がり、
食べても、食べても、手が止まらない、
魅惑のカレーです。

以前横浜で働いていたときは、
「悪魔に魂を売ってでも、また食べたくなるカレー」
通称「悪魔カレー」と言われていました。


そんなカレー。
昨年お出しすると、大人気で、
もう終わっちゃったの?とか、
噂を聞いた人が、食べたかったのに~!
そんな方が続出でした。

一番よく聞かれる質問。
「インドでカニって食べるの?」
e0345224_07593088.jpg
ええ、食べますよ。
南インドの市場では、カニを売っていることもあります。
(写真は南インド、タミルナードゥ州の市場)

ナンドゥマサラ(渡り蟹のカレー)は
2/12まで、
ディナータイムのみのご用意です。

確実に食べたい!
と言う方はご予約をオススメします。

ご予約
0155-46-5678


ご飯がススミますよ~!
今なら、牡蠣(オイスターマサラ)も、蟹(ナンドゥマサラ)も食べられますね!




(yasu)
■facebook←いいね!をお願いします。





[PR]

# by dal-curry | 2017-01-22 07:29 | メニュー | Trackback
2017年 01月 21日

インド古典音楽の宴 その4

大人気の企画です。

インド古典音楽、シタールとタブラの音色、

そして、インド料理とともに、

ゆったりとした時間を過ごしませんか?



公演日:2017年3月18日(土) 

場所:南インド料理ダール(帯広市西15条南35丁目1-2)


18時00分開場、19時00分開演 

(先に食事をしますので18時半位までにご来店くださいませ)

おひとりさま3500円(税込):食事(特別なミールス)付き


シタール奏者:南沢靖浩氏

タブラ奏者 :黒田真介氏


※駐車場が限られております。乗り合わせてご来店いただけると幸いでございます。


ご予約

電話:0155-47-5678 (月・火定休日です)

メール:info◎dal-curry.com(◎を@に変えてお送りください)



e0345224_22504820.jpg

インドの弦楽器シタール演奏家

南沢靖浩 みなみざわ やすひろ

1986年よりスラワニ・ビスワス博士に師事。

渡印を重ね北インド古典音楽を学び、

日本やインドでの演奏活動を展開する。

2006年ベナレスにて、打楽器タブラの巨匠アシューバブーのメモリアルコンサートに出演。

他のジャンルの音楽や舞踏家とのセッションもおこない、

民族楽器を駆使したユニット「天空オーケストラ」のメンバーとして活動する。福井県小浜市明通寺国宝本堂、奈良東大寺手向山八幡宮、

奈良霊山寺国宝本堂など、神社仏閣にて奉納演奏を行なっている。http://sitar-minamizawa.jimdo.com/

e0345224_22504681.jpg
タブラ奏者 黒田真介

2000年よりシュリ・ディネッシュ・チャンドラ・ディヨンディ師にタブラを師事。現在も師の元でタブラを研鑽中




今すぐご予約を!


電話:0155-47-5678 (月・火定休日です)

メール:info◎dal-curry.com(◎を@に変えてお送りください)



(yasu)
■facebook←いいね!をお願いします。





[PR]

# by dal-curry | 2017-01-21 07:09 | お知らせ | Trackback
2017年 01月 20日

ビーツライスとレモンライス

e0345224_07444990.jpg
インド米を使って、これまで色々なフレーバーライスを作ってきましたが、
今回の「ビーツライス」が、一番よく出ます。

お二人でご来店の場合、
レモンライスと「ビーツライス」を1つずつご注文いただくと、
テーブルが華やかになって、見た目にも楽しいですよ。

ビーツライスは平日夜限定メニューです。

レモンライスは毎日夜限定メニューです。



(yasu)
■facebook←いいね!をお願いします。





[PR]

# by dal-curry | 2017-01-20 07:47 | メニュー | Trackback
2017年 01月 18日

インドの世界遺産

e0345224_09203752.jpg
世界遺産の熊野古道の保全ノウハウを伝えようと、
和歌山県の方が、インドの世界遺産「アジャンタ石窟群」(上写真)で研修を行った、
そんなニュースが今朝、流れていました。


岩壁を掘りぬいて作られたもの。
アジャンタ、そして、お隣のエローラ(世界遺産)も、そのスケールはとてつもないものです。
e0345224_09293638.jpg
こちらはそのエローラ石窟群。
ちいさな人、見えますか?

これすべて、岩をくり抜いて作り上げられたものです。
どれだけの時間と労力がかかったことでしょうか?

実際に見ていると、自分の悩みが、ちっぽけなものに感じてしまいます。


インド北部の世界遺産もいいですが、
中西部の、「アジャンタ、エローラ」もいいですよ。

インドに行く機会があればぜひどうぞ。




(yasu)
■facebook←いいね!をお願いします。





[PR]

# by dal-curry | 2017-01-18 09:36 | インドのこと | Trackback
2017年 01月 16日

英語のP先生

e0345224_22454724.jpg
つい最近まで、
リンゴのことを、「りご」と言っていたクミンちゃん。

でも、
2歳にして、もう英語がペラペラになりました。

もう毎日、「あっぽーぺん、あっぽーぺん」と、連呼してます。

これも、ピコ太郎先生のおかげですね。




さて、こう寒いと暖かいドリンクがよく出るのですが、
意外に、「りんごのラッシー」もよく出ます。

(基本的に)紅玉を使った、自家製りんごジャムと、
十勝産牛乳を使った、自家製ヨーグルトで作る「りんごのラッシー」。

濃厚なので、びっくりされます。
お子様にも人気なんですよ~


↓お世話になっている先生なので、よかったらどうぞ。


いや、りんごラッシーがお子様に人気なんですよ!
どっちも濃厚ですけどね。


(yasu)
■facebook←いいね!をお願いします。





[PR]

# by dal-curry | 2017-01-16 23:31 | メニュー | Trackback